ねこが大好き!
猫さんとの生活

猫の夏の留守番 熱中症対策 室内でも注意してあげたい3つの事

暑い日に猫さんにお留守番をさせるのは心配ですよね。

夏は室内でも熱中症になり、最悪は死に至ることもあります。

夏の暑い日にエアコンを付けずに閉め切ったまま猫さんを置いてお留守番をさせて帰ってきたら亡くなっていたという、とっても悲しい話も聞きました。

猫さんにこんな苦しい思いをさせない様に、飼い主さんも安心してお留守番をさせられる熱中症対策をご紹介します。

猫 夏の留守番 熱中症対策にエアコンは必須

猫さんは人間と違い、肉球と鼻からしか汗をかけません。
犬と違い、口を開けて呼吸もしないので、鼻のみで呼吸をすることが基本です。
そのため体温調節は苦手です。
ですので、夏に留守番をしてもらう時はエアコンを積極的に利用しましょう。

とは言え、猫さんはエアコンが嫌いだから、、、と思う方も多いですね。
それは猫さんにとって室温が寒すぎる、風が直接当たって不快、という理由があります。

猫さんが快適に感じる温度は26~28度といわれています。
特に長毛の子は熱がこもりやすかったり、短頭種の子は呼吸がしづらい鼻の形などをしている等の個体差がありますので、普段からご自身の猫さんの様子をしっかり観察し、快適な温度を見つけてあげましょう。

ここでポイントなのはエアコンの「設定温度」ではなく「室温」です。
室温計を用意して、部屋の温度と猫さんの様子を見てあげると良いでしょう。

・お留守番をさせる時はエアコンをつけてあげましょう

・長毛、短頭種の子は暑さに弱い

・エアコンの「設定温度」ではなく「室温」に気をつける

 

猫 夏の留守番の熱中症対策 窓際にケージを置くのは危険

キャットタワーでヘソ天猫

猫さんにお留守番をしてもらう時、ケージに入れて出かける飼い主さんもいますね。

ここで注意したいのが、風が入ってくる様に窓を開け放し、窓際にあるキャットケージの中に入れてお出かけする方がいますが、それは大変危険です。

窓際は外気の影響を受けるので、部屋の中でもかなり暑くなる場所です。
猫さんは高い場所が好きなので、ケージの中でも高い位置に居ることが多いと思いますが、暑い空気は上にたまります。
ますます暑くなり、熱中症のリスクが高まります。

ケージに入れてお出かけをしなければならない場合は、直接 太陽が当たらない場所にケージを置いてあげて下さい。
天井付近に暑い空気はたまるので、サーキュレーターなどで空気の循環ができる様にしてあげるのも良いでしょう。

・ケージは窓際に置かない
・サーキュレーターなどで空気の循環をする

 

猫 夏のお留守番 熱中症対策 お水は2か所以上置く


猫さんはお水をあまり飲まない子も多いですが、それでもお水はいつでも飲める様にたっぷり用意して出かけましょう。
1つしか置いておかない場合、万が一ひっくり返してしまったら、のどが渇いた時に飲めません。

水が飲めないと熱中症や夏バテにつながります。
特に猫さんの場合、通りかかった場所にお水があることを発見して「飲もうかな」となる子も多いので、お水は色んな場所に置いておくのが有効です。

飲みたい時に好きなだけ飲める様に、水の量も数も増やしておきましょう。

あわせて読みたい
オーカッツのヘルスウォーターボウルを見る
オーカッツヘルスウォーターボウルは怪しい?猫に効果を試してみた スタンドがあると飲みやすい!オーカッツのヘルスウォーターボウルという皿を使うと、ペットが水を飲む量が増えると聞いたことはないですか? 特に猫さんはあまり水を飲...

猫 夏のお留守番 熱中症対策グッズを使う

猫さんが夏のお留守番の時に快適に過ごしてもらえる様なグッズも用意してあげると、より快適に過ごせていいですね。
私の勤務先のペットグッズショップでも好評で、私も自宅で使っている、おすすめの熱中症対策グッズをご紹介します。


夏でも猫鍋は人気です!
猫鍋と言えば冬に丸まって寝る姿が有名ですが、夏は体をそこまで丸めないので、のびのび寝られる「ジャンボ」というサイズがおすすめ。

 

とってもひんやりしているプレートです。
猫さんがゴロンと寝っ転がって全身冷やすことができます。
猫鍋同様にプレートも電気を使わないので、留守中、安全面でも安心です。
汚れたらサッと拭けるので衛生的に使えます。

 

 

柔らかい感触が好きな子はクッションタイプがおすすめ。
さらさら&ひんやりでとっても気持ちいいんです。
サイズは3種類ありますが、猫ちゃんだとМサイズがいいと思います。
ケージにも入れられるので便利ですよ。

 




さいごに

夏に猫さんをお留守番させるのは熱中症にならないか不安ですよね。

熱中症は死に至ることもある怖いものです。

猫さんを夏の暑さや熱中症から守ってあげられるのは飼い主さんだけですので、体温調整が上手にできない猫さんが留守番中でも快適に過ごせるように工夫をしてあげて下さいね。

こちらの記事もおすすめ