ねこが大好き!
猫さんとの生活

猫の室内飼いで絶対に注意したい危ない命に係わるもの再確認!

猫に危険な植物

猫さんは外に出さない完全室内飼いだから安心だよ~と思っている方!

実は家の中でも、猫さんにとって危険なモノが沢山あるんです。命にかかわることも!

いつまでも猫さんと安心して暮らしていくために、絶対に注意してあげたいモノを確認して下さいね。

※まなびばshippo「猫の寿命がのびる健康セミナー」で獣医師から学んだ情報です。

猫の室内飼い 注意したい 危ない花や植物

猫に危険な植物

猫さんにとって何より一番注意して欲しい植物は「ユリ」です。
一番危ない植物です。

その他、猫さんにとって特に毒性が強い植物はたくさんあります。
・キンポウゲ
・サトイモ
・ソテツ
・トウゴマ
・イヌサフラン
・アザレア
・スズラン
・カランコエ
・キョウチクトウ
・ジキタリス
・ニチバンマツリ
・イチイ
・バラ科
・ナス科

馴染みのある植物も、そうでないものもありますよね。
とにもかくにも、これらの植物は猫さんの命にかかわります

チューリップを食べて死んでしまった猫さんのニュースも見たことがあります。チューリップはユリ科の植物です、、、

他にも、危険な植物が入った花びんの水を飲んで死亡してしまったケースもある様ですので本当に注意が必要です。

ユリなどは花束でいただくこともありますが、猫飼いさんは人に差し上げるなどして家の中に置くのは絶対にやめましょう。

猫さんが入らない部屋に置いておこうというのもやめて下さいね。
花粉が飛んで猫さんの毛に付き、グルーミングすることで体内に入ってしまうこともあります。

猫の室内飼い 注意したい 危ないアロマ

猫に危険なアロマ

猫さんとの生活にはアロマオイルも注意が必要です。

特に「ティーツリー」「ヒノキ」のオイルは絶対に使わないようにしてください。

アロマオイルというのは、膨大な量の植物を使い、そこからわずかな量が抽出できるオイルです。つまり、かなり植物が濃縮されているオイルです。

体の小さい猫さんにとってはかなりの毒性がありますので家で使用するのは諦めましょう。

私が働くペットグッズショップにも、人気の犬用のシャンプーがあるのですが「ティーツリー」が入っています。ペット用シャンプーだから猫も大丈夫なはず、植物由来でナチュラルな香りだし等と安易に考えてしまうのは危険なので、何か選ぶ際は猫さんに危険な成分が入っていないか確認してみて下さいね。




猫の室内飼い 注意したい 危ない犬用の商品

猫に危険な犬の薬

猫さんと犬さんを両方飼っていらっしゃる方もいらっしゃいますよね(我が家もです)。

時々、用品などを共有することもあるかと思いますが、絶対に共有してはいけないものがあります。

「犬用のノミ予防薬」です。

犬猫用というものも販売されています。そちらは問題ないですが、絶対に猫さんに使用してはいけないものは「犬専用」のノミ予防薬です。

犬のが少し余ったから、、、とか、量を減らせば大丈夫、、、などと使ってしまうのは絶対にダメです。非常に危険です。命にかかわるので「犬専用」となっているものは使わないで下さい。

猫の室内飼い 注意したい 危ないウレタンマット

フローリングにウレタンマットを敷かれている方も多いですね。
実は、最近非常に急増している猫さんの開腹手術にウレタンマットがあるそうです。

下の写真の様にパズル部分になっている所を猫さんがかじってお腹に入ってしまうケースがとにかく多いとのことです。


※この商品を否定しているわけではありません。

こういう商品は汚れた部分だけ替えれば良いですし、ペットの足腰にも優しいので敷いている方も多いと思いますが、非常にリスクがあるので何か敷きたい場合などはカーペットなど、別のものに替えた方がよさそうです。




猫の室内飼い 注意したい危ない 飼い主の持ち物

紐で遊ぶ猫
他にも猫さんの誤飲で急増しているものに「マスク」があります。

一日していたマスクには、大好きな飼い主さんの匂いがついています。

猫さんはママ・パパさんの匂いが大好きです。つい食べてしまいたくなるそうです。

猫さんはもともと紐が好きですよね。

パーカーの紐ジャージの紐なども同様に食べたくなってしまい誤飲してしまうケースがあるので、外出から帰ったらマスクは猫さんの見えない場所に捨て、紐のついた洋服は絶対手の届かない場所にしまいましょう。

この行動、猫さんの気持ちを考えると切ない気持ちになっちゃいますね。。。

猫の室内飼い 注意したい危ない人間のサプリや薬

薬を見つめる猫

人間のサプリや薬も出しっぱなしにしないようにしましょう。
誤飲したら命にかかわります。

特に猫さんにとって危ないものは「αリポ酸」「ニンニク」のサプリです。
これらはダイエットサプリなどにも含まれていることが多いです。

頭痛薬などの鎮痛剤も危険と聞いたことがあります。

「しっぷ薬」も危険です。
猫さんはしっぷの匂いが好きな子が多いのですが、猫さんにとって有害ですので必ずしまう様にしましょう。

猫の室内飼い 注意したい危ないもの

スリーコインズ猫トンネル

その他、保冷剤おもちゃの誤飲にも気をつけましょう。

猫さんはおもちゃを獲物だと思って飲み込んでしまうこともあります。

飼い主さんの目の届く場所で遊ばせるか、外出する時は手の届かない場所にしまっておくのが良いでしょう。

↓↓これ私も使ってます!猫のおもちゃが散らかる悩み一気に解決できちゃいます!!

あわせて読みたい
猫のおもちゃが散らかる悩み解決!収納片付けしちゃいましょう猫飼いさんは、色んなおもちゃをお持ちの方も多いのではないでしょうか? 喜んで遊んでくれる姿を想像して次々に買ってしまうんですよね~ 「猫あるある」で、全く見向きもしてくれなかったり、 昨日はすごく食いついてたのに、今日は見向きもしない・・・ 、、、、そんな猫さまのために色んな種類を用意しておかないといけませんしね^^; ちなみに、我が家の犬は1つのボールで365日遊び続けています。 よくもまぁ、飽きないものだと感心するくらいです 笑 犬と猫ってこんなに違うんですね~ 笑  っと、話が少しそれましたが、ちょっと困ってしまうのが、猫さんおもちゃの収納です。 なんせ、長いのもあったり、ちっちゃいのもあったり、形がバラバラ~ 困ったな~とずっと思っていたんですが、一気に解決できちゃう、すごく良いものを見つけたのでご紹介しますね。...

最後に

完全室内飼いでも、家の中には猫さんにとって危険で注意してあげたいものが沢山ありますね。

つい部屋に放置してしまいがちですが、お部屋もキレイに片付くし、モノは必ず片づける習慣をつけるのが良さそうですね。

いつまでも猫さんと安心して暮らしていけますように。

こちらの記事もおすすめ